インプラントの構造とは

歯の治療に、インプラントを考えている方も多いと思います。
インプラントは、無くなってしまった自分の歯の代わりに、人工的に造られた歯根をあごの骨の中に埋め込み、人工的に造られた歯を取り付けるというものです。
インプラントは、3つの部位に分けられる構造になっています。

歯根部、連結部分、そして人工歯です。
歯根部は、チタン製かチタン合金のものが使用されます。
金属アレルギーの方も、問題無く治療を受けることができます。
大きさは、長さは約1センチで、太さは4ミリ程度です。

人工歯は、歯の代わりになる部分ですから、ホワイト系のものでできています。
オールセラミックなど、いくつかの種類があります。
そして、結合部分であるアバットメントです。
こちらは、歯根部の上に取り付ける物です。

人工歯をこれでしっかりと支えます。
アバットメントは、チタン製やチタン合金、見た目が綺麗なセラミック製などがあります。
インプラント手術にかかる時間は、1時間から2時間程度で、局部麻酔をかけて始めることがほとんどです。
治療後は、年に数回のメンテナンスを行う必要があるのですが、他の治療と比較して長期的に持続することができるのも、メリットの一つでしょう。

Copyright (C) 見た目も感覚も最高 All Rights Reserved.