インプラントを行わないほうがいい場合

インプラントは、素晴らしい歯の治療方法なのですが、中には行わない方が良い場合もあります。
残念ながら、人によってはしない方が良い方もいらっしゃいます。
あごの骨があまりにも少ないような方は、インプラントができない場合もあります。

又、リウマチや膠原病の方も悪影響が出る可能性があります。
白血病の方は、免疫力の低下が考えられます。
その為インプラントは難しいと考えられています。
他にも、肝臓病の方や腎透析をされている方は、手術中の出血が心配です。

肝臓や腎臓に負担も考えられる為、インプラントを行わないほうが良いでしょう。
他にも、糖尿病を患っている方も少なくないかもしれませんが、やはりお勧めできません。
そちらの治療をまず終えてから、検討することがお勧めです。
この他にも、何か病気がある方や気になることがある方は、医師に相談してみて下さい。

インプラントは、確かに人気のある治療方法なのですが、誰でも必ず受けることができるというものではありません。
年齢制限もあり、20才以上の方で、上は84才までの方が受けられる治療です。
成功率の高い手術ですから、問題が何も無ければ是非お勧めしたい治療方法なのですが、このように治療が難しい方もいらっしゃいます。

Copyright (C) 見た目も感覚も最高 All Rights Reserved.