インプラントの素材とは

インプラントの治療を行う方が増えてきています。
入れ歯やブリッジと比較してみても、メリットは小さくありません。
取り外して保管したり、違和感がないところも魅力です。
インプラントは、3つの部位からできています。

フィクスチャーと人工歯、そしてアバットメントです。
フィクスチャーはネジ状になっていて、チタンやチタン合金で造られています。
チタンやチタン合金を用いている理由は、骨とくっつきやすい上、アレルギーを起こしにくいからです。
腐食しにくいところもメリットです。

但し、インプラントは腐食しにくくても、その隣の歯は歯周病になる可能性はあります。
ですから、治療を受けたら丁寧に歯磨きをしたり、メンテナンスを忘れずに受けるようにするなどの注意が必要です。
又、人工歯の部分にも、いくつかの素材があります。

一般的に用いられているのが、セラミック冠です。
より美しい仕上がりを希望される方は、オールセラミックがお勧めです。
見た目が美しいだけでなく、耐久性にも優れているのが嬉しいところです。
手頃なものであれば、金パラジウム冠やゴールド冠、樹脂でできているものもあります。
どのような素材のものであっても、毎日の歯磨きなどのお手入れは、しっかりと行いたいものです。

Copyright (C) 見た目も感覚も最高 All Rights Reserved.