インプラント治療を保険適用にできる条件

インプラントは、通常健康保険が適応になりません。
ですから、今まで治療を受けたいと考えている方は、全額自分で負担して受けてきました。
高額になる為、治療を受けたくても諦めていた方も多かったかもしれません。
しかし現在、条件にあてはまる場合に限り保険が適応になります。

健康保険が適応になるのは、生まれつき顎骨の1/3以上が連続して失われている方、病気や事故により広い範囲のあごの骨が無くなってしまった方。
顎の骨の形が形成不全の方。
骨の移植によって、顎骨の再建がされている状態の方などです。
但し、歯周病などで同じような状態になった方は、健康保険は適応されません。

又、健康保険を使ってインプラントを受けるには、医療機関の方にも条件があります。
入院用のベッドが、20以上ある歯科か口腔外科。
当直体制が整備されているところ。
国が定めている医療機器や医薬品など、管理がしっかりしているところ。

そして、3年以上インプラントの治療経験があるか、同医療機関の歯科か口腔外科で、5年以上治療経験のある医師が、常勤で2名以上いるところでなければなりません。
そして、国から認められているところであることが条件です。
なかなか難しい条件になっているようです。

Copyright (C) 見た目も感覚も最高 All Rights Reserved.